N E W S & A R C H I V E S
 
FABRICK
2004/12/17 [Fri.] >>> 12/27 [Mon.] 13:00 >> 20:00 (12/20 [Mon.] 18:30 close)*12/20 [Mon.] 19:00 >  Opening Party for press & buyer & invited guests only.

メディコム・トイの“FABRICK”で、生活を楽しくしよう!

ベアブリックなどのフィギュアでおなじみのオモチャメーカー「メディコム・トイ」が、“生活をより楽しく!”をコンセプトに、ファブリック(生地)を使ったオリジナルアイテム「FABRICK」シリーズをリリースします。第一弾として、「SILAS」のグラフィックでも知られるウィル・スウィーニーや、「コレット」×「コムデギャルソン」のコラボショップでの個展も記憶に新しいジュヌヴィェーヴ・ゴクレール、ロマン・カチャーノフ監督の映画『ミトン』など、6柄をラインナップ。これらオリジナルの布地パターンで、あらゆるブランドのいいモノだけをジャックした、お披露目エキジビションを開催します。家具や照明、ウエアに小物が集結し、ギャラリーがメディコム部屋に大変身!展覧会に合わせて初公開のファブリック・トイや、オリジナルプロダクトもお目見え。ここでしか観られない限定モノもザクザク揃えてお待ちしています。

FABRICK LINEUP
エキジビションでのファブリック展示は、針谷健二郎(APAPTER)、ウィル・スウィーニー、ミトン、TOMO PAINTING AND DYEING ART、ジュヌヴィェーヴ・ゴクレール、LABLINE.TV柄の6パターン。

●Genevie've Gauckler(ジュヌヴィェーヴ・ゴクレール)
レコードスリーブや、ミュージックビデオ、ショートムービーなどを手がけた後、1999年インターネット会社boo.comで、オンラインファッションマガジンを制作。最近では、初のコミック出版でも話題に。2004年、青山の<コムデギャルソン>に期間限定オープンしたコラボショップでの展覧会も記憶に新しい。

●Will Sweeney(ウィル・スウィーニー)
『The Face』などの雑誌や、アパレルブランド<Levi-Strauss>、<Stussy>、<Gimme Five>にグラフィックを提供。1999年に<Silas and Maria>の仕事を始め、ここでも多くの作品を残している。2003年には、同ブランドのブック「Where is Silas?」にも参加。音楽方面では、2つのバンド ZongaminとHeadshoppeで活動中。

●ADAPTER
スタイルをあえて固定しないグラフィックワークを基本に、時代の空気を繁栄させたデザインを展開。STUDIOVOICEやCONPOSITEなどの雑誌や、LIVISやBEAMSなど数多くのクライアントにアートワークを提供している。ROCKET、BEAMS-Tなどで個展も開催。2003年から「NWBA」のキュレーターも務める。http://www.adapter.jp/

●TOMO PAINTING AND DYEING ART
1996年から4年連続で二科展に入選。染色の技法を駆使した作品で話題に。自他共に認める動物&植物好き。最近では、染色にクレヨンや油絵具なども加え、ゆったりとした世界をさらに気ままに表現する。人気ブランド<VISVIM>や<HEAD PORTER PLUS>でのアートワーク始め、コラボレーションも多数。

●Mitten by movco
ロシアのアートアニメーション『チェブラーシカ』の監督ロマン・カチャーノフが、1967年に手がけた映画『ミトン』をファブリックに展開。犬を飼いたくて仕方がない女の子ミトンの手袋がある日、本物の子犬になってしまうという晴れた雪の日のファンタジー。きらきらした夢や思い出を感じさせてくれます。http://www.mitten.jp/

●Labline.tv
「LABLINE.TV」のシンボルマークが隠れキャラとしてファブリックにランナップ。

コラボレーションアイテム

cooperated with GORE-TEXカリモクTEMPURMAXRAYMOUNTAIN EQUIPMENTBURTONCASE REALSP.DESIGNColemanLEVI'S、OVER THE TWELVE、QUOVADISRHODIAARROWNISSAN(順不同)

produced by MEDICOM TOY LIFE ENTERTAINMENT with LABLINE.TV & PLUGINC
| EXHIBITION | 2004.12.17 Friday 01:00 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |
 Motohiro Hayakawa
2004/11/19 [Fri.] >>> 11/29 [Mon.] 13:00 >> 20:00
| EXHIBITION | 2004.11.19 Friday 00:58 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |
 ryoono
2004/10/22 [Sun.] >>> 11/5 [Mon.] 12:00 >> 20:00
| EXHIBITION | 2004.10.22 Friday 00:45 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |
 DRIVE ON BOARD 2004
2004/9/17 [Fri.] >>> 9/26 [Sun.] 13:30 >> 21:00*9/17 [Fri.] 20:00 >  Opening Party !

13 ARTISTS × 13 SNOWBOARDS!!!
13名のアーティストたちがスノーボードをキャンバスにします!

近年、日本の冬を語る上で外せないカルチャーといえば、スノーボード! 神田・御茶ノ水にある「LABLINE.TV」でも、訪れる冬を目の前に、列島随一のスポーツ用品店街の片隅でこのシーンを体感しています。そんなスノーボードヘブンにて、シンボリックとも言えるデッキをキャンバスにしたてた豪華エキジビションがスタート! 展覧会を観て、スノーボードショップを訪れて、リアルなカルチャーにどっぷりと浸りながら、数々の名所があるカンダ界隈を散策したりして、楽しんで頂きたく思ってマス。というワケで、この秋はセントラルイーストへ!


参加アーティスト

遠山 敦、ESOW(WORD OF MOUTH)、今井トゥーンズ、針谷建二郎(ADAPTER)、瀬戸けいた(九印)、内田耕造、倉科昌高(Sprayman)、早川モトヒロ、マグドロン、シュナーベル・エフェクツ、TOMO PAINTING AND DYEING ART、五木田智央、LABLINE.TV×7STARS

●ATSUSHI TOYAMA / 遠山 敦
2001年渋谷PARCO「VERSUS EXHIBITION 2001」に参加。水森亜土とコラボレーションをして話題に。以後、札幌、東京、名古屋、大阪、神戸などで展覧会を開催。海外での企画展にも参加。『Casa BRUTUS』『BRUTUS』『relax』『WEB Designing』などでのエディトリアル、 CDジャケット、Tシャツデザイン、装画でイラストレーションを展開。時に色エンピツ、時に水彩やマーカーで描かれる作品は、なつかしくもあり夢の景色のようにもみえる。http://www.twelvetoes.org/

●ESOW(WORD OF MOUTH)
プロスケーターであり、グラフィティーライター。13歳でスケートボードを始める。LAやハワイでの海外生活中にグラフィティに出会い、2つのバックグラウンドから、ストリートと大和絵が融合したようなユーモラスなキャラクターを描いている。日本を代表するグラフィティクルー「WORD OF MOUTH」の中心メンバーで、その活動は、壁画からキャンバス、雑誌、ウエアブランドまで。SPACE FORCE、b galleryなどで展覧会開催。http://www.ddsspp.com/wom/

●IMAITOONZ / 今井トゥーンズ
MTV「TOP OF JAPAN」のOPアニメーションを皮切りに、サントリー「C.Cレモン」CF、SEGA『ファイティング・バイパーズ2』のキャラクター、NIKE PRESTOのアニメーション、Reebok×And A×IMAITOONZモデルのシューズなど、多方面にイラストを提供。緻密なデザインとキャラクターが人気。最近では、国外の映画祭にアニメーション作品が招待出品されたほか、企画・原作を担当した長編アニメ『DEAD LEAVES』(松竹配給)もついに公開!http://www.deadleaves.jp/

●KENJIRO HARIGAI(ADAPTER) / 針谷健二郎(アダプター)
スタイルをあえて固定しないグラフィックワークを武器に、時代の空気を繁栄させたデザインを展開。 CDジャケット、雑誌のアートワーク提供、ファッションブランドの広告やカタログデザイン、アパレルメーカーへのアートワーク提供や商品企画、ショップの内装計画など、その活動は多岐。今までにROCKET、BEAMS-T、SEMBALNCEなどで個展を開催。2003年からは展覧会「NO WALL BETWEEN THE ART」のキュレーターも務めている。http://www.adapter.jp/

●KEITA SETO(9BRAND) / 瀬戸けいた(九印)
株式会社イデーにて家具デザイン等に携わり、1999年に瀬戸なおよとともにプロダクトデザインブランド「九印(キュウジルシ)」をスタート。"進化とルーツ"をテーマに、吉祥寺の工房でハンプを素材にした新しい生物を生み出す研究活動を行っている。2002年、無印良品より「リメイカブルTシャツ」を発売。2003年には「M.O.C system」がGOOD DESIGN賞を受賞! ドローイングなどもプロダクトと同じ視点で描かれている。http://www.9brand.com/

●KOZO UCHIDA / 内田耕造
緻密なまでに左右対称で、曼荼羅のようにも感じられる絵画は、自分の内面から湧き出す"なにか"をひたすら描き出したもの。小さい頃から絵が好きで、落書きの延長線上で描き続けてきたそうだ。2002年、その画力が評価され、イラストレーション誌「チョイス展」の年度末優秀賞受賞。2004年5月には、HIROMI YOSHIIギャラリーにて市原研太郎キュレーションのグループ展に参加。展覧会にライブペイントにと精力的に活動中!

●MASATAKA KURASHINA(Sprayman) / 倉科昌高(スプレーマン)
1993年よりMTBレーサーのヘルメットペイントを始める。2003年まで「Bonzaipaint」として活動後、カスタムブランド「SPRAYMAN」を始動。現在は、あらゆる立体物をキャンバスとしたカスタムペイント作品を制作している。八谷和彦の「エアボード」や中村哲也の「レプリカ カスタム エヴォリューション」、ソディアックワークス×布袋寅泰のギター、Groovisionsのチャッピーと、有名異色クリエイターとのコラボ作も多数!http://www.m-kurashina.com/

●MOTOHIRO HAYAKAWA / 早川モトヒロ
大学時代、ヒロ杉山、松本弦人の推薦を得、イラストレーション誌に作品が掲載。1999年には『B級裏モノ探偵団』のカバー装丁制作を手がける。同年、『たけしの誰でもピカソ』に出演! 学生時代から精力的に活動を続けてきた。卒業後は、雑誌『サイゾー』『STUDIO VOICE』などへのイラスト提供、奥田民生&山崎まさよしユニットライブのTシャツ、カバー装丁にと大忙し。2001年、グループ展「PAINT BY HAND」に参加。

●SCHNABEL EFFECTS / シュナーベル・エフェクツ
佐竹穣がひきいるアーティストユニット。2002年「GEISAI-1」にて浅野忠信賞、スカウト賞を受賞し、「Schnabel Effects」として華々しくデビュー! 身近にある印刷物を使ってのコラージュや、あまりにもリアルな描写力に早くも太鼓判が。ROCKETでブームとなった展覧会「SK8 ON THE WALL」や「JUNGLE LP SHOW」、個展「NEW LOOK」を始め、最近の活躍も目まぐるしく、今年夏には雑誌『STUDIO VOICE』の表紙をデッカク飾った。

●TOMO PAINTING AND DYEING ART / トモ ペインティング & ダイイング アート
1996年から4年連続で「二科展」に入選。染色の技法を駆使した作品が話題に。最近では、染色にクレヨンや油絵具なども加え、ゆったりとした世界をさらに気ままに表現している。自他共に認める動物&植物好きで、大好きなバーバリーシープを題材にする事もしばしば。人気ブランドVISVIMやHEAD PORTER PLUSでのアートワークを始め、コラボレーションも多数。2004年には、BURTONスノーボードにもグラフィックを提供。

●TOMOO GOKITA / 五木田智央
画家。自称ランジェリーレスラー。時にハードコアレイアウター。たまに DJ卍としても活動。作品集にモノクロ300ページに及ぶ作品を収めた『ランジェリーレスリング』(リトルモア)、赤塚不二夫のキャラクターを素材にした『OH!天国』(アートビートパブリッシャーズ)。2001年、みちのくプロレスのポスターでニューヨークADC金賞受賞。京都ARTZONEでの展覧会では、ギャラリーを自らのアトリエとして公開制作を行った。

●LABLINE.TV×7STARS / ラブライン ドット ティービー × セブンスターズ
90年代初頭、原宿にて開業したデザイン事務所7STARS。数々のアパレルブランドのアートワークから、CDジャケット、オモチャなど、紙媒体に留まらない幅広い視野でハイクオリティーなデザインを提供し続けている。Tシャツを始め、オンラインストア(www.7stars.jp)にて、オリジナルで展開するアイテムも秀逸! 2004年には「BE@RBRICK WORLD WIDE TOUR」に参加。LABLINE.TVのロゴやグッズなども手がけている。http://www.7stars.jp/

CHECK!!

  • 神田エリアを超満喫できるマップつきフリーペーパー配布!
  • 世界でたった1本のアーティストボードが、オークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」で手に入る!(オークションは、9/17〜9/30まで)
  • 「メディコム・トイ ライフエンターテイメント」との秘密コラボレーション企画も!?


Supported by

BURTON SNOWBOARDS/DYNASTAR SNOWBOARDS/GRAY SNOWBOARDS/RICE28 SNOWBOARDS/SALOMON SNOWBOARDS/SCOOTER MFG./ビッダーズ/株式会社メディコム・トイ/at-table(建築企画事務所)/株式会社テンプリント

※「DRIVE ON BOARD 2004」は「CET04(セントラルイースト東京 2004)」内で、LABLINE.TVがプロデュースする展覧会です。
| EXHIBITION | 2004.09.17 Friday 00:41 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |
 九印の空想生物
2004/3/5 [Fri.] >>> 3/21 [Sun.] 15:00 >> 21:00 (sun&sat&holiday 12:00 >> 20:00)*3/5 [Fri.] 19:00 >  Opening Reception.

世界には不思議な生物がたくさんいます。カタい甲羅や光る目をもつ昆虫、からだが伸縮自在の動物などなど……。これら生物のカタチや生態には、すべて意味があり、生きていくために必要なデザインなのです。

さて、生物の“進化とルーツ”をテーマに、製作・研究活動を行うプロダクトデザインブランド『九印(キュウジルシ)』のファームでも、空想生物が増殖し、成長しているようす。実は彼らも、なんらかの理由で進化したモノたちばかりなんです。

LABLINE.TVで行われる九印のソロエキジビション『the Farm/ザ・ファーム〜九印の空想生物たち』展では、ファブリックプロダクト、グラフィック、ヌイグルミを通して、九印の工房で生まれたユニークな空想生物の生態を御報告いたします。本の街、御茶ノ水でのエキジビションなだけに、九印初のココロミとなる絵本『あたまはどっち?』も登場! LABLINE.TVが、九印式空想生物牧場に化します!

9brand 九印って?
http://www.9brand.com/

※展覧会期間中のみ九印×LABLINE.TV限定のBOXセットを発売します。
| EXHIBITION | 2004.03.05 Friday 00:39 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |
 SCHNABEL EFFECTS
2003/9/13 [Sat.] >>> 10/5 [Sun.] 15:00 >> 21:00 (sun&sat&holiday 12:00 >> 20:00)

なつやすみ明けの『LABLINE.TV』では、2003年9月12日(土)〜10月5日(日)まで、[Schnabel Effects(シュナーベルエフェクツ)] の個展「MARRIAGE BLUE」を開催します。

 [Schnabel Effects]は、広告やパッケージなどの印刷物を写しとる表現で知られる若手アーティストユニット。「GEISAI-1GP」でブレイク、gallery ROCKETでのエキジビションも話題沸騰中の彼らが、今回ウチでやってくれるのは、前向きに落ち込むテーマ「MARRIAGE BLUE」をかかげてのエキジビション。かなり謎ですが「なぜか掘り下げてみようと思われる(by Schnabel Effects)」そうです。で、確か「キャンディ、キャンディ」とも言ってたなー。

 ぶっちゃけカッコいいCMやADっていくらだってあるんだけど、彼らの着眼点は実に妙。だけど作品は、超ハイクオリティかつクールで斬新っす。なーんか古い気もするし、逆に、今こそとてもキャッチーな感じもする。こういうのって、アリなのかなーいいのかなーと思いつつも、気が付いたらすっかり巻き込まれてしまっているワケなのです。

 そんなこんなで、最近ブルーな奥様から、馴れ合いのカップルや、長いコトひとり身の貴方まで、キュンと切ない秋の[Schnabel Effects]展へぜひ。意味多々不明ですが、平面作品とちょっとしたインスタレーションでお迎えいたします。みなさまで遊びにいらしてください。

Schnabel Effects/シュナーベル エフェクツ
1999年、活動開始。2002年「GEISAI-1GP」にて浅野忠信賞を受賞。2003年4月、gallery ROCKETにてエキジビション「NEW LOOK」開催。2003年9月5日(金)〜10日(水)まで、同ギャラリーの一周年エキジビション「ART-ing」でも作品を展示予定。

*special thanks to ROCKET http://www.rocket-jp.com
| EXHIBITION | 2003.09.13 Saturday 00:00 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |

2003/6/28 [Sat.] >>> 7/20 [Sun.]  15:00 >> 21:00 (sun&sat&holiday 12:00 >> 20:00) 

| EXHIBITION | 2003.06.28 Saturday 00:00 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |

 
 2003/6/9 [Fri.] >>> 6/22 [Sun.] 15:00 >> 21:00 (sun&sat&holiday 12:00 >> 20:00)

殺すな発起人=工藤キキ+椹木野衣+小田マサノリ+山本ゆうこ
this demonstration in the exhibition anti-curated by korosuna
(Kiki Kudo+Noi Sawaragi Masanorii Woda Yuko Yamamoto)

康ギャラリーでの「殺す・なアンパン1」に続いて「殺す・なアンパン2」を開催します。参加希望者は「殺すな」と読める自作のグラフィックや小品を会期中に会場へ持参してください。ちなみに「アンデパンダン」とは、「インディペンデント」、つまりアートの「インディーズ」のことで、19世紀にアカデミズムの審査に落ちたアーティストたちが、その不満から無審査/自由出品で立ち上げた「だれでも参加できる展覧会」のことです。日本では戦後に誕生した「読売アンパン」が有名で、60年代にその過激さゆえに自己崩壊しましたが、ネオダダやハイレッドセンターといった前衛の伝説を生み出しました。なお、参加(自由出展)にあたっては次の点にご注意ください。

  • 必ず「殺すな」(do not kill) と読めることが条件です。
  • 原則としてひとり一点。グラフィックか小品に限ります。
  • 作品の配列と陳列は「殺すな」の趣旨ならびに各会場の条件にあわせて担当者が行います。
  • 会場がいっぱいになった時は締め切る場合もあります。
  • デモンストレーションの性格上、作品の汚れ、破損、損壊、変形、増殖、汚染、拡散、分離、融合、喪失、蒸発、等々の思わぬアクシデントやハプニングの可能性があることを、あらかじめ御了承願います。
  • 会期終了/解散後の作品の返送はいたしませんので、各自おひきとり願います。なお康ギャラリーでの「殺す・なアンパン1」でデモンストレーションされたものは、6/8午後をもって自動的にLABLINE.TVに移動します。新しく作る必要はありません。
  • 「殺すな」の街頭デモに参加していただいた方で、その際に自作したプラカードやポスターをお持ちの方はぞひそのままお持ちください。お待ちしております。

さらに詳しい情報
殺すな = http://www.tententen.net/korosuna/
康ギャラリー = http://www.yasugallery.com/

出品者(順不動) 楠見 清/宇治野宗輝/春日 聡/山川冬樹/東谷隆司/波戸祐輔/pol malo/ダダカン/西尾康之/古山佳子/小田マサノリ/加藤範子/浅川 遥/加藤好弘/津村耕祐/no name/波戸祐輔/桃色ゲリラ/モリト/ヒデキ感激/臼井良平/サカグチタカコ/kamata motoko/ヤノベケンジ/石黒景太、阿部周平/山本ゆうこ/サワラギ・ノイ/30123/松蔭浩之/イルコモンズ/岡本太郎/田中偉一郎/本庄安寿/五木田智央/千原 航/束芋/会田 誠/東泉一郎/宇川直宏/点/奥村Takeshi/M.Magic.Kobayashi/松本弦人/工藤キキ/no name/……2003/6/9現在。
| EXHIBITION | 2003.06.09 Monday 00:00 | trackbacks(0) | pookmark | author : labline.tv |